関連ページ  : 用語集 | 俗語集


左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

あ行 Edit

アイテムガチャ
1日に2回、回すことができる無料のガチャです。(4時、16時に更新)低確率でキャラも排出される事があります。
各種の消費アイテムや、昂ぶるつぼみ、資金などを入手出来る。全種類のアイテムが排出されるわけではない。詳細はアイテムガチャへ。
赤い石
神凪繭の所持する杖に付いている小さな赤い石。恐らくはアリスソフトの別作品『大帝国』に登場したものと同じだと思われる。
他者を洗脳する能力を持ち、イベント「悪い子教祖と赤い石」では繭の魔力を吸い上げて異世界からドーラを召喚するに至った。
アルダーク
地球侵略を企てる宇宙人の組織。率いるのは首領ディストバーン。フーマン、フラスト怪人など、かつてエスカレイヤーと戦った侵略軍団ダイラストと組織構成は似ているが関係は不明である。
未来で世界を滅ぼしたトキサダとユーノの宿敵。ダイビートはアルダークに対抗するため組織された。
オルタナスタイン
アルダーク撃破後に現れ、ダイビートに宣戦布告してきた組織。魔女とは敵対関係にあるらしいが、詳細は不明である。
アルダークの後ろ盾となっていた幻魔の勢力。正式名称は「認識底終オルタナスタイン」らしい。
『黒の王』オルテクトル、『白の王』オルシワトルの2名が統率している。
主戦力であるオルタナ四天王は全員アリスソフトの過去作品のキャラをモチーフにしているのが特徴。
+

オルタナ四天王一覧

か行 Edit

怪忍
ノロイの欠片を宿すことによって一般人や物に宿った怨念などが怪忍化する。
フラスト怪人と同じくボス的な存在としてクエストに登場する。
+

怪忍一覧

カオスマスター
ランスがフーマンらを率いて立ち上げた勢力。ランスシリーズとのコラボイベントに登場したが、メインストーリーにも登場した。
学習インストール
プロローグでトキサダが行っていた、睡眠学習で経験を脳に書き込む行為。身体の負担が大きく記憶流入のフィードバックによりトキサダほどの強者でも失神するらしい。
第2部では戦部イノリも使用した。
覚醒ポイント
覚醒強化に必要なポイント。アイテムの使用、純愛H、Dチャージ+、捕獲キャラに捕獲される等で増加する。
詳しくは覚醒強化を参照。
風のように炎のように
メインストーリー(7-5)中のエリーが口にするセリフ。元ネタは超昂閃忍ハルカのテーマ曲。
閂市(かんぬきし)
本作品の舞台となる地方都市。遊園地や海水浴場など、ある程度の施設が揃っており、ダイビートの基地もこの都市にある。
初出は『超昂天使エスカレイヤー』。
期間限定
聖夜ハルカなど、「期間限定ピックアップ」と表記されたガチャにて実装されるキャラクター。
この表記がされたキャラクターはスタンダードピックアップガチャには追加されず、蕾による初回入手もピックアップが終了すると行えなくなる。
景品法の「優良誤認」の回避の観点から、日本オンラインゲーム協会より「期間限定」と表記する場合は提供期間か提供数の掲示を行う事がガイドラインに記載されているため、原則として後から恒常的に入手可能となる可能性は低い。
(下手に無期限表記を行おうとする場合、サービス終了日の明示という形で期間終了日の明記をする必要が出てくる)
+

でも後から実装のパターンって割と珍しくないのでは?

また、「期間は限定するがその期間が一回きりである必要はない」ため、大半のガチャゲーではいわゆる「復刻」という形で再度期限を設けたうえでピックアップされる機会がある。
そのため、期間内に入手できなかった場合も次の期間を待つという手はある。(特に聖夜ハルカのようないわゆる「季節衣装キャラ」は、おおむね毎年該当の季節になると復刻されることが多い。)
キャラクターLv
キャラクターLvはプレイヤーLvと同じLvまで強化が可能だ。(最大Lv100)また、レベルアップするには強化ポイントが必要。
キャラクターストーリー
キャラクターとの好感度が上がれば、新しいストーリーが解放される。アイテムを使用して好感度を上げよう。
九大神騎
アマツの神騎の中で、天使長アズエルを含む、九名の強力な神騎。
各神騎に二名ずつ補佐者がおり、作中世界での天界神騎は総勢27名となっている。なお、補佐者となる神騎は星座の一等星から名前がとられている。
また神騎エクシールのように異世界から召喚された者や地上神騎もいるため、神騎全体の総数は今後それより多くなると思われる。
作中で明らかになっているメンバーは以下の通り。
球魂
ブレイクボールを応援するファンたちの熱い声援が変化した、ビートBB・ミーナの力の源。
久世上弦衆(くぜ じょうげんしゅう)
『想破上弦衆』から別れた派閥。能力はあるが世間に居場所がない者や犯罪者などを集め、枠に囚われずに正義を行う事を目的とした組織。頭領は白銀アキラ。忍ではあるが『閃忍』の力は持たずADDDによって変身する。
想破が閃忍とそのサポートスタッフで構成されているのに対し、こちらは任務に一切タブーを用意しない実力主義の一派。
構成員も閃忍適性が無かったものに加えて犯罪者や心身に問題を抱えている等の社会的に問題がある人物も少なくない。
しかしこの方針が、本来なら爪弾き者となるはずの人物でも正義の組織の一員として活動するための受け皿としても機能している。
基本的に見返りを求めず滅私を尽くす想破と異なり、久世は外部から依頼を受け報酬を得ることもあるなど
とことん理想主義を貫く想破に対して、理想との折り合いをつけた現実主義の正義の組織と言える。拠点は表向きでは芸能事務所になっている。

因みに超昂戦士と同様にADDDを使用しているが斗羽大洋の方針により衣装のデザインを戦士系のものを使わない為か、ゲーム上のカテゴリは忍者系として扱われている。
鬼の斗羽大洋によると、想破上弦衆が闇を払い、平和を守る正義の刃なら、久世上弦衆は「闇に蠢き、悪を咬み切る獣の牙」とのこと。
久世と想破の相関図がスタッフ日記:第471回に掲載されているので参考になる。
この際のヨイドレ・ドラゴンの解説から、久世上弦衆が設立してから10年もたっていないと予想される。(設立時は姫路が小学生、月子が女学生との記述から)
久世七暴(くぜ ななぼう)
久世上弦衆の中で不定期に行われるランキング戦で上位の七名に与えられる称号。
定期的に行われる久世内のランキング戦により決定される、久世上弦衆内でもっとも強い七人のこと。
基本的に強い者が偉い久世において一位の命令は聞かないといけないのが、想破七閃との大きな違い。
斗羽は屈指の残虐性もあって他の六人に嫌われているが、「エスカ系のヒラヒラした服はNG」であるのは久世七暴全員の共通意見。
+

久世七暴一覧

けだものばかり
超昂大戦の世界で流行っているアイドルグループ。園児にも人気。ネコミミ付けている以外は割と普通の歌って踊れるアイドルとのこと。
ゲニン
ノロイの力によって生み出された疑似生命体。強さに合わせてゲニン、チュウニン、ジョウニンがいる。かけ声は「ヌンジャ!/ナンジャ!/ニンジャ!」
ネオノロイ党の戦闘員。ジュカというノロイ直属の戦闘員もいる。
限界突破
資金と必要な強化ポイント消費してキャラを限界突破できる。限界突破をするとパラメータの成長率が増加する。突破ポイントは『昂るつぼみ』でも代用可能。
幻魔
魔女の宿敵。世界の裏側に棲む、伝説上の怪物たち。人間に認識される(接現力)ことでその存在の強度が増していく。
超昂大戦の世界ではいわゆる魔物や怪物と呼ばれるような存在はほぼ幻魔に分類されるものと考えられる。
オルタナスタインのような特定の勢力もあるが、所属しないはぐれ幻魔も多い。
以下は作中に登場したプレイアブル・NPCを除いた幻魔。
+

幻魔一覧

好感度
キャラの好感度は次の行動で上昇する。「キャラのレベルUP(一定数)」「キャラの限界突破」「ガチャでのキャラ被り」「好感度上昇アイテム使用」「ホームキャラ設定(一日の初ログイン時)」
国防軍
作中では戦力増強のために国防陸軍特能戦技部隊に所属している龍造寺アイ龍造寺メイの両名がダイビートに出向している。

さ行 Edit

ザイン
地上に散った魔王の魔力と人間の欲望が結びつき、人型となった悪魔。
資金
ゲーム内で様々な事に使用する「資金」の保有量です。クエストやアイテムの資金化などで得られます。
縛られハニー
イベントクエストでのみ現れる特殊なハニー。たおすとイベントキャラの取得、限界突破素材となる『昂るつぼみ・束縛』をドロップする。
祝福器
魔女が持つ武器であり、能力を発揮する触媒に相当する。
ユウガの持つトンファーのような見たまま武器と分かるようなものもあれば、自立型(ルカのグラウコス)や疑似生命体(クラリスのガラテイア)といった様々な形態の祝福器が存在する。
取得EXP
プレイヤーLvがクエスト難度より低いと減少する。レベルを上げたい場合はプレイヤーLvに近い難度のクエストをクリアしよう。なお、戦闘に敗北、時間切れになると取得EXPは半減する。
状態異常:スタン
攻撃を受けるとスタン状態になることがある。スタン状態になると、一定時間行動不能となり必ず敵からの攻撃が命中するようになる。
状態異常:毒
攻撃を受けると毒状態になることがある。毒状態になると、一定時間スタミナ減少量が2倍になる。
状態異常:魅了
攻撃を受けると魅了状態になることがある。魅了状態になると、一定時間自軍に攻撃を行うようになり必殺技が使用不能になる。
ショップ
「ショップでは主に、DMMポイントで蝶鉱石を購入します。」
詳細については課金内容を参照。
助っ人
設定したキャラは他プレイヤーの戦闘で助っ人として呼ばれる。(総覧の左下ボタンで設定)自バトルには他プレイヤーのキャラを呼ぶ事が出来るが、必殺技はオート状態で固定される。
戦闘時、自分以外のプレイヤーが設定した助っ人を使用する事が出来る。戦闘開始時の初期人数を無視して最初から戦闘に参加しており、最初の時間制限を越えるのに非常に有利になる。
自身の所持するキャラクターの最大☆数を超える突破数の助っ人を選ぶことは出来ないため、☆5にしやすいイベントでの配布キャラはゲームを始めたばかりのプレイヤーには非常に有難い。
スタミナ(ST)
クエストを行う際に消費するポイントです。時間経過で回復します。他に、蝶鉱石やアイテムでも回復できます。
接限力
本来この世界の力でない魔力を、「この世界のものである」と一時的に強く思い込み、世界を書き換えることのできる魔女の持つ力のこと。
魔女によると、Dチャージとは意志の強い者の力を隊員が受けることで接限力を自身から生み出すことだというが、
剛毅のレヴィが「吊られた男」のアルカナ持ちであるトキサダを接続者(コントラクター)と呼ぶのはこのためだろう。
また、接限力は人の願いや思い、信仰が込められた品物に蓄えられることがあり、作中ではアロンの杖や賢者の石(レプリカ)といった物品が該当した。
幻魔もこの力が尽きることで世界に存在することが出来なくなるようだ。
戦果率
戦闘において、敵の総合HPをどれだけ減らしたかの呼称を「戦果率」といいます。
Bユニバースにおいてはこの戦果率で報酬が増減します。
殲・上弦衆
想破上弦衆を裏切り、超昂戦士の敵になった忍の集団。元上弦衆の忍ハガネが率いており、龍の者と超昂の力を持つ者の排除が目的。
戦闘速度設定
戦闘速度は未クリアのクエストでは[×3]を選択中でも、自動で[×2]相当の速度になる。
※2021/8/18の出撃設定機能の追加にともない、未クリアのクエストでも3倍速戦闘が可能になった。
倉庫整理
園崎アカリ高円寺ななかなどの超昂戦士が正体を隠すために度々用いる「ダイビートにおけるバイト」のカバー設定。
なお、実際に敵から得た戦利品を開封とテトリス整理をしているのはトキサダ(プレイヤー)本人である。
装身
超昂閃忍の変身ワード。
想破上弦衆(そうは じょうげんしゅう)
『閃忍』と呼ばれる、超昂戦士を擁する忍者組織の一つ。『龍の者』と呼ばれる異能者が頭領を務め、数百年の長きに渡って日本の平和を影から支え続けてきた。
現在の頭領は、未来から来た龍の者である戦部トキサダが暫定的に務めている。『閃忍』は基本的に忍としての訓練を受けており、適性の無いものは閃忍にはなれない。
シリーズ作品『超昂閃忍ハルカ』を初出とする、『閃忍』と呼ばれる超昂戦士を擁する忍者組織の一つ。
『龍の者』と呼ばれる異能者が頭領を務め、日本の平和を影から支え続けてきた。現在の頭領は戦部トキサダが暫定的に務めている。
戦闘要員である『閃忍』は『龍の者』との龍輪功(≒性行為)を行う事でエネルギーを獲得・補充して戦う。
因みに閃忍以外のサポート要員も存在し、事後処理部隊に至っては戦闘は勿論龍の者と閃忍の龍輪功が公共の場だろうが野外だろうが問題とならないように対応したりする。
また、異空間などに捕らわれた閃忍を救出、肉体・精神への後遺症なく復帰させるなど謎の超技術を有しており、ある意味龍の者以上にぶっ飛んだ存在。

『ハルカ』原作では邪悪な力を持つ『ノロイ』の復活を目論む『ノロイ党』と戦っていたが、本作のストーリー開始時点ではノロイ党は出現していなかった。
過去から時間転移で逃げられた所はハルカ原作と共通しており、本作では第二部にて『ネオノロイ党』と名を変え出現したノロイ党との戦いが繰り広げられる事となる。

滅私を尽くして公の正義に身命を尽くすノブレス・オブリージュ的な思想で成り立っている組織であり、正義の忍者と言えば聞こえはいいが、
想破の組織員は幼少の頃から想破の見返りなき奉仕を当然のものとして教育されている者も多くいるなど、大義への献身を半ば強制している一面もある。
内部に資金調達のための経済活動を担当する一族がいるなど組織として自己完結しており、外部に報酬を支払って協力を募ることはあれど、外部から対価を得ることはない。
そういった点も含め納得した上で所属している者もいるが、反発を覚えた者が想破を抜け久世に移る場合もあるなど上層部以外は一枚岩の組織とは言い切れない。
組織の中心に特殊な存在である「龍の者」を据えているからこその状態であり、メインストーリー忍者外伝における「組織としては久世より想破の方が異常なんじゃないか?」という指摘は正にその通りだったりする。
想破七閃(そうは ななせん)
想破上弦衆の閃忍の中でも、特に強力な力を持つ七名の閃忍。頭領によって選ばれる。
想破上弦衆の中から選ばれしもっとも優れた七人の忍び。想破における次代の柱となる子達を教育の為に入れたり、判断力に優れる者なども混じる為、必ずしも強さの指標ではない。
序列は話し合いや上役(本来は頭領)の判断で決まるため、ランキング戦などはない。

メンバーは以下(スタッフ日記:第425回より引用)のとおり。
「火は風に煽られることにより勢いをつけさらに強く、熱く燃え上がる」1位2位、「雪・月・花」の3位4位5位、「土と林」の6位7位がそれぞれ連携しての戦いを得意とする。
+

想破七閃一覧

た行 Edit

第十三特務部隊
自称IQ2000超のエリートコマンダーを隊長として各部隊からの精鋭を集めて結成されたフーマン達の自称エリート部隊。
アルダーク→オルタナスタインを経て現在は独立した勢力として、特に魔女(NAU)絡みのイベントに出番が多い。
なお、隊長のエリートコマンダーはダイビートでも再現不可能だったSDDDの機能をハッキングにより即興で利用するなどある種の天才には違いない模様。
のちにベンチャー企業を次々立ち上げ成功するなど、起業家としてもやり手であることが判明した。
登場イベント:「バレンタインと乙女の気持ち」「謹賀新年! 裸いっぱい温泉旅行!」「三人寄れば魔女の知恵
ダイビート
正式名称『Defence imperative to earth beat forces』略称『ダイビート(DIE-BEAT)』戦部トキサダとユーノが君枝の援助を得て組織した防衛組織。
現代人類の力で対処出来ない侵略行為を防衛し、人類の破滅の未来を防ぐのが目的。閉園した複合アミューズメント施設を改造して基地に使っている。
本作の主人公トキサダとユーノが打倒アルダークの為に作り上げ、各プレイアブルユニットが主だって所属・出向する事となる組織。
元の歴史では各々の組織がアルダークに対して独立して動いていた事で「政治戦略に耐えられる基盤が無い」「多方面同時攻撃に対応できない」「戦闘に必要なエネルギー供給手段の遮断」といった組織ごとの弱点を突かれて各個撃破された問題を、
「開戦初期に一般人への呼びかけや組織同士の協力体制を構築」といった手段によって防ぎ、そのまま人類の勝利という未来を目指す事となる。
結果として国防陸軍や上弦衆とは最初期に協力関係を構築、後に問題が起きつつも天界、NAUとも協力体制、そのほか偶発的に邂逅した異世界人なども組み込む一大勢力として立ち向かう事となった。
所属する超昂戦士はプライバシー保護と関係者へのトラブル回避のために個人情報は最重要機密として管理しており、日常生活に影響が出ないようにシフト管理にも気を遣っている。
また、過去の敗因から地域住人との交流や動画配信などによる情報発信も積極的に行う事で地域との協力体制構築も行っている。
第一部終了後は敵の残党狩りがメインのため実働人員の規模は縮小しつつも有事に備えて人員確保は忘れないようにしている。(これは元の歴史で超昂戦士が油断しきった所を狙われて壊滅した事への反省もあるだろう)
そして第二部では新たな敵勢力であるネオノロイ党やノロイの欠片で変異した怪忍などの勢力登場に合わせて再編成して再び戦いに挑む事となる。
昂るつぼみ
消費することで限界突破の突破ポイントとして使用することが出来る。また、未取得のキャラを入手することも可能だ。
地上神騎
魔王の力を受け、神騎の能力を得た人間の総称。その身に秘めた欲望によって姿、能力は異なる。
本作の世界における魔王(『超昂神騎エクシール』の主人公である央堂継彦の同位存在かは不明)は既に討伐済だが、地上神騎はその魔力の残滓が宿った人間が覚醒したもの。
地上神騎が数多く覚醒するに至った経緯は3章にて語られる。
逆に言えば異世界から転移してきたというパターンを除けば、神騎系キャラクターは時系列概ね3章以降から加入したものとなる。
蝶鉱石
ガチャやスタミナ回復などに使用する「蝶鉱石」の所持数です。
蝶鉱石にはゲーム内の報酬などで獲得する「蝶鉱石(無償)」とDMMポイントで購入する「蝶鉱石(有償)」があり、一部、有償でしかできないことがあります。(こちらの表示は無償、有償の合計です)
蝶鉱石の有償、無償の数はガチャ画面やプレイヤー情報画面でご確認いただけます。
ダイナライト(鉱石)の俗称。トキサダが元居た時代には枯渇したのか存在しないもよう。特殊なエネルギーを持ち、ビート・ポータルでの同位召喚を可能にした。
超昂戦士
エッチすることで力を得、変身して戦う戦士の総称。変身方法や力の名称、種類は所属勢力によって異なるが、「エッチで強くなる変身ヒロイン」という点は共通している。
変身前と変身後の姿が同一視されにくくなる認識阻害の機能を持っている。超昂戦士同士でも多少は効くとのこと。
デイリークエスト
デイリークエストは1日に2回(日曜以外)挑戦できて、最大20人まで出撃可能。挑戦回数は2回分だけ翌日持越し可能。デイリークエストの敵は通常よりスタミナが少ない。
撤退
戦闘時、ユニットアイコンを下にドラッグすると撤退させることが出来る。出撃前のキャラクターは「GO!」マークが出るまで撤退することは出来ない。
天界
アマツの神騎たちが住む空間。上空の別次元に存在し、通常時は認知することは出来ない。
天界神騎
アマツ神から魔王と戦う命を受けた天使。地上で力を行使するためにDチャージを必要とする。ダイビートとは共闘関係にある。
本来なら天界より神力を供給される事で強大な力を発揮できるはずなのだが、ある事情により本作品中では神力に大幅な制限がかかる事となったため、Dチャージが必要となっている。
詳細はメインストーリー3章を閲覧されたし。
同一存在
同位存在とも呼ばれる。端的に言えば並行世界のそっくりさん
本作は過去シリーズの出来事を異世界として扱っているので、過去作品の登場人物と名前がよく似ており見た目もほぼ同じ(恐らく声優も同一キャストが担当)人物が度々登場する。
高円寺沙由香に対する高円寺さやかなど、劇中で明言されているメンバーも存在するが、シリーズ経験者なら誰が対応しているかも気付く事が多いだろう。
因みに『超昂神騎エクシール』にも出演したアズエルのように名前まで一致した別の人生を歩んだIFというパターンも存在するが、過去作品との連続した記憶を備えているわけではない。
中には同じ人物という自覚を持ちながらも全く違う経験をしたため、外見や性格がガラリと変わったパターンも存在する。
トークン
取引所でアイテムを取得するために必要。トークンは売却所でアイテムを売却すると入手できる。
詳しくは開発ラボを参照。
ドーラ
神凪繭の所持する赤い石により召喚された魔物。命名者は神凪繭で、昆虫学者の名前が由来。
人の顔と触手を持つ巨大なイモムシのような見た目をしており、橘古乃実は「常夜神(とこよのかみ)」と呼んでいた。
念波で他者を洗脳し、洗脳が効かない相手でも行動を阻害できる能力を持っている。
次元を超えた異世界の、そのまた別の銀河あたりの存在で、人類を主食としているとのこと。初出は『大帝国』(名前はラムダス)。

な行 Edit

虹色の光線
アルダークの攻撃手段。空から降り注ぐ光線に接触すると通常の人間は虹色に輝く鶏卵大の丸石と化すか、怪人化する。
ネオノロイ党
モチーフとなっているのは『超昂閃忍ハルカ』に登場するノロイ党。原作のノロイ党については当該項目を参照。
昔の上弦衆があと一歩まで追い詰めた後、ノロイと幹部が未来へ飛んだということは確かなようだが、現代へ転移後に名を改めている。
なぜ『ノロイ党』ではなく『ネオノロイ党』なのかは分かっていない。
改名しただけでなく本作ではノロイが無数の欠片となって散らばっているため、欠片の争奪を意識しているほか、怪忍を全て管理しているわけではなくなっている。
そもそも散らばったノロイの欠片がどこにあるか把握しきれていない以上、その影響を受けて変異した怪忍の管理はほぼ不可能だろう。
事実、ストーリー中に登場した怪忍がノロイ党のことは「無関係で聞いたこともない」と発言している。
ネオノロイ党の現代での目的は何らかの原因で散らばってしまったノロイの欠片を集めてノロイを完全復活させることだと推測されている。
ノロイ党の幹部は四道封者と呼ばれるが、ネオノロイ党にも同様のメンバーがいる模様。
+

幹部一覧

ノロイ党
かつて天壌無窮を掲げ、ノロイの力によって人の世を終わらせようとした異形の集団。上弦衆と激しい戦いを繰り広げた末に、歴史の影に姿を消した。
時の上弦衆に敗れイタチの肉体に魂を移したノロイと骸居炎斎が立ち上げた、『超昂閃忍ハルカ』に登場した敵組織。「時渡りの鐘」を利用して時を超えて現代へ姿を現す。
対ノロイを主目的として結成された上弦衆と古くから対立しており、ノロイ党が未来へ転移した後はその再来を見越して活動を続けていた。
組織は幹部である四道封者の他、戦闘員であるゲニンやノロイの力で変異した人間である怪忍で構成されている。怪忍には現地で力を与えられた者も居る。
閃忍ハルカ閃忍スバルは戦国時代の頃からノロイ党と戦っており、ノロイ党の時空転移に巻き込まれる形で現代に転移している。
社会体制の破壊が目的としているが、貧困層の暮らしがより厳しい戦国時代の組織という事もあり
「虐げられた事への復讐」「現状の理不尽な世の中を超常の力を以て変革・救済する」といった、一概に悪とは言えない思想の元で動いている人間も所属している。というか四道封者4人の内3人はそういう思想である。
本作『超昂大戦』においては2部2章にてスバルからも解説が行われているが、現代へ転移した後に『ネオノロイ党』に名を改めている。

は行 Edit

バインド(封神)
かつて封じられた異界の魔神たちのこと。初出は「パステルチャイム3 バインドシーカー」。
管理者であるリリアム・マッカバーンの手によって異世界に流されたバインドは、超昂大戦の世界に流れ着き暴れまわっているらしい。
イベントシナリオのボスキャラとして登場することが多い。
現在は閂市の遊園地、亀甲アイランド地下の防空壕にて仮封印されている。
+

バインド一覧

+

超昂大戦オリジナルのバインド一覧

箱舟
幻魔と戦う魔女の中でも格上の「魔女」たちの属するグループを指す。NAU上層部は箱舟のメンバーによって構成されている。
詳細はNAUの項目を参照。
八大神騎
アマツの神騎の中でも、特に強力な力を持つ八名。神騎エクシールの世界における九大神騎と同様の扱いの神騎達。
天使長アズエルを筆頭に、エクシール、ミカフィール、ゼブリエル、マリエル、セラフィール、メロティエル、ラブディエルの8名。
アズエルが地上に来ている際はミカフィールが天使長代行を務める。
2017年の超昂ブログで今後他の八大神騎に出番があるとのことだったがおそらくは超昂大戦のことを指していると思われる。
枠が増えたのにリストラされたメロティエルさんは泣いていい。
ハニー
ハニワの形をした謎のモンスター。魔法に対して絶対的な耐性を持っている。『ハニー』を倒すとEXPにボーナスが付く。
低確率で出現するエネミー。突如「僕が来たよ!」と某世界一有名な黒い鼠のマスコットキャラを彷彿とさせる高い声と共に登場する。
アリスソフトのマスコットとも言えるキャラクターで、本作起動時の30周年記念のマークもその姿を模している。
シリーズ共通で魔法攻撃を無効化するという特徴があり、本作でもTIPSに記載がある通り踏襲している。亜種に縛られハニーがいる。
アリスソフトの多くの作品では、加えてハニーフラッシュという物理防御貫通の攻撃もしてくるが、本作での使用は未確認。
ビートポータル
ダイビート技術チーフ高円寺さやかが、ユーノが未来から持参した設計図を元に作った、同位召喚装置。ダイナライト(蝶鉱石)をエネルギー源とし、異世界から超昂戦士を召喚することができる。
本作は過去の超昂シリーズのキャラクターも登場するが、それらは異世界として扱われている。そのため過去シリーズのキャラクターを登場させるための理由付けとして登場している。
なお、中にはポータルを使わずに転移してくるキャラクターも現れているため、全員がこれを用いるとは限らない模様。
フィールドバフ/デバフ
戦闘時、対象フィールドに行われるバフ/デバフ。一定時間、対象フィールド全体に影響を及ぼすので効果は大きい。ユニット対象のバフ/デバフと効果は重複する。
フーマン
アルダークの人造生体戦闘員。色や形態で強さが異なる。鳴き声は「ブー!」
アルダーク及びオルタナスタインの戦闘要員として大量に登場する。外見はダイラストの量産型戦闘要員に酷似。
通常のフーマンより戦闘力が高いと言われている赤いレッドフーマン、白いフーナイト(本編未登場)、盾を持った個体などが存在する。
物理(魔法)ダメージ軽減
敵の中には物理耐性や魔法耐性を持つ者が存在する。耐性を持つ敵に該当の種別で攻撃するとダメージが減少する。防御力無視の必殺技を使用してもこの耐性は突破することは出来ない。
クレイド(物理耐性)などが該当。イベントの最大ダメージボーナスを狙う時には厄介な障害となる。
フラスト(フラスト怪人)
アルダークが照射する謎の光線を浴びると一般の人間なら石化するが、まれに強い不満や欲求を持った人間の場合、フラスト怪人化することがある。
その形態は人間だったときに保有していた強い願望や欲求などの影響でさまざまに変化する。本作でも戦闘能力が高く、強敵としてCAUTION警告とともにステージに登場する。いわゆる中ボス。
+

超昂大戦に登場したフラスト怪人一覧

+

超昂大戦オリジナルのフラスト怪人一覧

プレイヤーLv
プレイヤーの現レベル。プレイヤーEXPが必要な値に達するとレベルが上がり、スタミナの上限が上昇します。同時に、キャラのレベル上限も上昇します。(プレイヤーレベル = キャラのレベルの上限)
2022年6月現在、プレイヤーレベルの上限は撤廃され無制限となった。スタミナの上限はLv80時の200、キャラレベルはLv100が上限となる。
ヘイト
闇の奉輪こもりビートフーマン・ツクモの固有効果欄などに登場。公式からの詳細アナウンスは無いが、古くからMMORPGなどで使われる用語でもある。
敵からの攻撃対象となる優先順位であり、この値が高いキャラクターは集中的に攻撃されやすくなる。
全体必殺技や早い行動速度で何度も攻撃するようなキャラクターは集中攻撃される傾向にある事から、与ダメージ量に応じてヘイトが増えてゆくと考察されている。サポート系の必殺技に関しては要検証。
(ヘイトは元々「与ダメージ量だけで攻撃先を決めると後衛の回復職が全く狙われずゲーム性に乏しい」という問題から生まれたギミックなので、ヘイトを採用されているゲームは回復や支援はヘイト上昇が高く設定される傾向がある)

ま行 Edit

魔王的
『超昂神騎エクシール』において、主人公の央堂継彦に対しエリス/神騎エクシールがよく使う言葉。
本作ではプロローグで初登場するが、口にするのは魔王であるトキサダで、魔王的と言われる相手はユーノである。
魔女
幻魔と人が交わった子孫の中で幻魔の力が発現した女性を魔女と呼ぶ。人類を襲う幻魔と長年に渡って戦ってきた。
血によって受け継がれる魔力因子は魔女の肉体に影響を与えるが、発現する幻魔の形質は個々人で違い、たとえ親子であっても別のものになる。
作中に登場する魔女はほとんどが箱舟という組織に所属している。
魔法攻撃無効
ハニー等、魔法攻撃が無効の敵が存在する。物理攻撃のキャラクターで攻撃するか、「ハニ噛み王子」を装備して攻撃しよう。
滅忍
殲・上弦衆の下っ端忍者。

や行 Edit

優先出撃
設定したキャラクターは戦闘に優先的に出撃する。所持キャラクター数の1/3(優先1,優先2を合わせて最大20名まで)設定することが可能。
今作のランダム性の高いユニットの出撃を意図的に調整出来る数少ない機能。
特定の敵キャラに有効な自軍ユニットを確実に登場させたり、閃忍ナリカのように後から出撃した方が固有効果が有効なキャラの順番をある程度調整したりする。
妖怪
幻魔の日本での呼び名。作中では枕返しなどの存在が確認されている。
迫害を恐れる日本の魔女や幻魔が集まるコミュニティが日本中に散らばって存在している。

ら行 Edit

レイドボス
レイド戦の報酬は、参加プレイヤー全員で協力してボスを倒し、受け取り可能状態にしていく必要がある。期間中により多くのボスを撃破し、報酬を獲得せよ。
+

レイドボス一覧

レジデュー
Bユニバースを使用すると生まれる謎の物質。さやかが研究対象として興味を持っている。たくさん集めてアイテムと交換してもらおう。

わ行 Edit

英字 Edit

ADDD
『アドバンス・ドキドキダイナモ』の略称。後述の『DDD』をベースに、エネルギー変換装置を別次元に置き、変身者の肉体改造を不要とした改良型。この装置の完成により、多数の戦闘スタッフを編成可能になった。
本作より新たに登場。これによりエスカレイヤーのような超昂戦士を手軽に数多く生み出す事が出来るようになった。
適性も幅広く、閃忍はダメでもADDDはOKだったり、非生物にも使えたりと使い勝手は大幅に上昇している。
ただし使用者の性的興奮さえあれば半永久機関となり得るDDDと違ってDチャージのよる充電が必要不可欠という短所がある。
因みに同種の効果を持つ力との併用は出来ないため、通常のDDDや閃忍・神騎の能力と併用は出来ない。ただしこの機能を逆手に取って強すぎて制御に問題がある能力の代用で使うという変則的なパターンもある。
以下のような派生が存在する。
+

ADDDの派生一覧

D2Pガチャ
Ⅾ2P(ドキドキポイント)を使用して回すことができます。Ⅾ2Pガチャからは「装備アイテム」「消費アイテム」「キャラクター」が排出されます。キャラクターはスタンダードガチャから排出されるキャラとなります。
詳細は装備一覧へ。このガチャからしか排出されない装備品がある。
DDD
『ドキドキダイナモ』の略称。超昂戦士のオリジナルであるエスカレイヤーの力の源。性的興奮をエネルギーに変換する装置。
読み方は「ディーディーディー」。エスカレイヤーの世界の高円寺博士夫妻(ベースとなった回路は妻が、それを元に夫が装置を完成させた。)が、ダイラストの襲来に備えて作成したもの。
本来はあらゆる精神興奮をエネルギーに変換できる予定だったが、未完成のため性的興奮にしか対応してない。
初出は『超昂天使エスカレイヤー』。
Dチャージ
ダイビートのリーダー、戦部トキサダが超昂戦士にエネルギーを注ぐ行為の名称。
もともと勢力によっては『龍輪功』『導魔』など個別の強化名称が存在するが、トキサダが行う行為はすべて『Dチャージ』と呼んでいる。
トキサダ(龍の者)がADDD装着者に対し行う充電行為。必ずしも本番行為である必要はない。
Dチャージ+
好感度100から50毎に実行することが出来る。Dチャージ+を行うと覚醒ポイントを入手する。
覚醒強化に必要な覚醒ポイントの入手手段のひとつ。システム用語であり、Dチャージの凄いバージョンとかでは無い。
NAU
『ノアズ・アーク・ユニオン(Noah's Ark Union)』の略称。EUを中心とする複合企業体。トップはじめ幹部の素性は極秘となっている。
一例としてファッションの「ノア」や化粧品の「ラミアー」などの超有名ブランドを経営しており、欧州全域に影響力を持つ。
現会長は雪城雅、現社長は雪城エリー。NAUの上層部を構成しているのが『箱舟』という魔女のグループとなっている。
その箱舟にはエリザベス派(長:雪城エリー)、ジークフリート派(長:皇帝のニル)、ヴィクトリア派の三つの派閥がある。
魔女の三つの会派の党首が集まり方舟の現状確認と今後の方針について話すサバトという集会があるが、委任状があれば党首が必ずしも出席する必要はない。
箱舟の幹部メンバーはタロットカードの大アルカナを冠している。そのためアルカナ持ちの関係者は最低でも22人はいると推定される。
その中でも「吊られた男」は稀に現れる男性のアルカナで接現力を満たしてくれる存在らしく、戦部トキサダが現在その座に着いている。
名前だけが出てきたメンバーにクロエなど。
ストーリー開始当初は外国企業である事に加えてその来歴から上弦衆との交戦リスクや情報隠蔽の難しさなどの問題から対アルダークでは大きな動きが出来なかったが、
リーダーであるエリーによるダイビート潜入や各所への根回し工作で準備を行い、幻魔の一大勢力であるオルタナスタインが表立って動き出した事でこの状態が解消。
これ以降は箱舟としてダイビートと協力しつつもフロントであるNAUも日本国内での起業活動が活発化している。
+

アルカナメンバー一覧

+

箱舟の各派閥に所属する魔女一覧

SDDD
シンフォニック・ドキドキダイナモ。応援する気持ちを通して他者の興奮をエネルギーに変換し、超昂アイドルの力の源となる、ビートアイドル・マリナの世界の装置。
残念だが超昂大戦世界ではうまく機能しないため、召喚後のマリナはADDDを使用する事となった。
ブラックボックスがかなり多く、解析の結果、魔女が用いる錬金術がSDDDに使われていることが判明している。
バレンタイン衣装に改良型ADDDという形でSDDDの技術が一部使用された。
余談だがSDDDという名称は『超昂天使エスカレイヤー・リブート』にも登場するが、そちらは「スーパー・ドキドキダイナモ」の略称。
VRルーム
ダイビート施設内に作られた仮想現実体験装置。全ての感覚での仮想体験が可能であり、日替わりの訓練メニューやDチャージに使用される。
特にDチャージに関してはマンネリ防止や一部の隊員への配慮などで貢献している施設で大変好評。

数字・記号 Edit

コメント Edit

用語を情報提供していただけますと幸いです。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • アイテム系はアイテム一覧でフレーバーテキスト纏めてるしこっちにまで入らないんじゃないかな -- [OncKh6wRtDM] 2020-12-02 (水) 23:32:57
    • 二重管理でめんどくなるし、その辺は一回コメントアウトしちゃいます -- [/vx8jsxqZ4A] 2020-12-03 (木) 10:33:38
  • ゲーム中のTIPSと各自で追記・補足した内容の区別がつくような形で構成を直してみました。 -- [/vx8jsxqZ4A] 2020-12-03 (木) 11:39:25
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-23 (木) 18:14:32